TOPへ  スタッフ 問合せ マップ   2014年の様子  2015年の様子 2016年の様子 

うたごえ喫茶おいで一緒に

2018年
 
  12月30日(日)  ロシアの歌だけのうたごえ喫茶の様子
   1 部  司会  バクさん
トロイカ・船のり・シベリア大地の歌・アムール河の波
収穫の歌・カチューシャ(1番ロシア語)・灯(1番ロシア語)


2 部  司会  バクさん
翼を
川は静か・青いプラトーク・また秋が来て(キエフの鳥の歌)・
森はざわめくドニエプルの歌・となりに来た人・
月の照る夜(月夜)・やなぎ
お前を待っている・小さいぐみの木
 
  3 部  司会  バクさん
ウラルのぐみの木・樫の木・森の楓・満州の丘に立ちて
前線にも春が来た・古き菩提樹・ロシアの草原
一週間・カリンカ

 4 部  司会  バクさん
モスクワ郊外の夕べ・私の焚火・黒い瞳
僕らは戦争を望んでいるのか・ブッヘンワルドの警鐘
流刑人の歌・エルベ河・囚人の歌・仕事の歌・
世界の青春・波止場の夜・長い道・泉のほとり
ステンカラージン
 



 
  12月16日(日) うたごえ喫茶の様子
   今年最後のおいで一緒に(29日にロシアの歌特集はありますが…)
バクさん、恒例の??お休みです。
そのためか?近くでロシア特集のうたごえがあるからか?
寒いせいか?参加者は少なかったのですが
その分、リクエストもいっぱいで思いきりうたいました。


 1 部  司会  haru
翼をください・あの青い空のように・鈴掛の径・よろこびの歌
船のり・コサックの子守歌・おおカリーナの花が咲く・ウラルのぐみの木
青い空は・タンポポ・沖縄今こそ立ち上がろう・一坪たりとも渡すまい
月がとっても青いから・君の眸が・寒い朝・収穫の歌


沖縄辺野古基地のうめたてで、きれいな海を汚し始めた政府のやり方に
怒りを抑えきれないような、そんなリクエストもたくさんありました。
   バクさんお休みのため、おっくんが2部の司会です。
で、このときとばかりに?という歌もたくさん歌いました。
伴奏のビビンバは楽譜の写真を撮っては弾き、撮っては弾き…
お疲れさまでした!


2 部  司会 おっくん
俺は枕木・こぶし固めて・三池の主婦の子守歌・ピケはる娘
母なる故郷・馬車夫の歌・美しきわが故郷
冬景色・夕べのうたごえ・僕らはいつも陽気でいたい
町・手のひらの歌・作業場の休憩・もしあなたに出逢ってなかったら
わが母のうた

 
  日本のうたごえ祭典が来年1月19日にあり
この「憲法」と書いてあるような、実は「うたごえさいてん」と書いてある
このTシャツ。色もいろいろあり 子ども用もあります。
なかなかかっこいいです。


 3 部  司会 haru

下町の太陽・星よお前は・帰れ帰れ・灯・二つの岸・
心騒ぐ青春の歌(関)・心の窓に灯を・炭掘る仲間・
ともだち参加・しあわせ運べるように・白い色は恋人の色
いちし子よ・釜石小学校校歌・希望


今年もたくさん歌いました。来年もどうぞよろしくお願いします。
 
     



 
  11月18日(日) うたごえ喫茶の様子
   始まる前も、始まってからも
いろいろなうたごえ喫茶の打合せやらがされていました。
ここ、杉並でもビビンバ他、いろいろな方の
うたごえの会ができて、歌う場も増えているようです。
すてきなことですネ。


 1 部  司会  バクさん
若者たち、町、君の眸が、冬が来る前に、
僕らは戦争を 好んでいるか、ベンセレモス、
あなたが夜明けを告げる子どもたち、私の愛した街、
タンポポ、百万本のバラ、 波止場の夜、トロイカ
 
   日本のうたごえ祭典が来年1月に川崎で開かれますが
そこで歌う「帰れ帰れ」や「沖縄を返せ」を歌いました。
この杉並のうたごえと同じ日に
いつも福生で「横田基地に反対する座り込み行動」をやっています。


2 部  司会 haru
里の秋、母なる故郷、埴生の宿、涙をこえて、小さな日記、
蔵王の歌、沖縄を返せ、帰れ帰れ、悲しき口笛、心の窓に灯を、
手のひらの歌、遙かな友に、いのちをうたおう、しゃれこうべと大砲、
紅葉、冬の星座


アルコールもはいって
みなさん楽しそうな会話もはずみます。
たまに司会者より大きい声でしゃべるのですが
そこだけは勘弁願います。どうぞよろしく…
 
   3 部  司会 バクさん

雪山讃歌・手のひらを太陽に・ざわめけバイカル
やなぎ・淋しいアコーディオン・トロイカ(原曲)
バラ色の桜と白いリンゴの花・折り鶴・仲間のうた・故郷


バラ色の桜と〜
知っている人も案外多かった歌です。有名な歌なんだそう…
バラ色の桜って「なんかケンカ売ってるみたいね」という声も…

 
     



 
  10月21日(日) うたごえ喫茶の様子
   リクエストが山のようにあります。
歌いたいうたがたくさんあるようで、何曲も出されるので
司会者としては選びたい放題です。
ロシアの歌好きが集まったせいもあって
ロシアの歌のリクエストもたくさんありました。


 1 部  司会  バクさん
橋をつくったのはこの俺だ、国際学生連盟の歌、
僕らは戦争望んでいるのか、俺の町、野菊、惜別の歌、
悲しき口笛、Tomorrow、挨拶って素敵だな、いとし子よ、
世界をつなげ花の輪に、馬車夫の歌、船のり、ロシア私の故郷
 
   2 部  司会 haru

野ばら、収穫の歌、、道、新雪、峠道、戦争は知らない、
一坪たりとも渡すまい、芭蕉布、愛に生き平和に生きる、
リムジンガン、君の眸が、素敵なランデヴー、
町、ぼくのひこうき

そろそろ身体を動かしたくなりました…
というコメント付きで「ぼくのひこうき」のリクエスト
眠そうな方もいましたので
ちょうどよかったかも?→
 
   3 部  司会 バクさん

母なる故郷、心の歌、夜明けだ、虹、オオシャンゼリゼ、
パリの屋根の下、満洲の丘に立ちて、仕事の歌、
心騒ぐ青春の歌、みんな一緒に、赤いサラファン、
母さんの歌、ともしび


右の写真はビビンバのあいさつの様子
バクさんの顔にご注目!
12月の終わりに(29日)開かれる
ロシアの歌だけのうたごえ喫茶4時間のご案内です。
今月はたくさんのロシアの歌のリクエストから
10曲、熱唱しましたけど、まだまだ歌い足りない方のために。
 
     



 
  9月16日(日) うたごえ喫茶の様子
   リクエストがすごくたくさん集まるのですけど
半分以上がロシアの歌でした。
でもそればかりをやるわけにもいかず
(12月29日はロシアの歌を特集します!)
秋らしい歌も歌っていきました。


 1 部  司会  バクさん
朝はどこから・故郷を離るる歌・故郷の廃家・秋の子・人生の並木道
追憶・挨拶ってすてきだな・船のり・シベリア大地の歌
月夜・ボートの上で・リンゴの花咲く頃・林道人夫・愛に生き平和に生きる
 
   2 部  司会 haru

故郷の空・小さな木の実・川岸のベンチで・君の眸が
心はいつも夜明けだ・沖縄を返せ・いとし子よ
小さい秋みつけた・南国土佐を後にして・町
月見草の花・涙をこえて・仕事の歌・一週間

沖縄を返せのリクエストにはコメントがつきます。
「沖縄県知事選真っ最中ですが、辺野古に基地はつくらせない
その思いに連帯します。」
 
    3 部  司会 バクさん

切手のないおくりもの・旅愁・牧師と奴隷・みんなで刈りとろう
鉾をおさめて・帰れソレントへ・灰色の瞳・悲しき天使
たたかいの中に・ベンセレモス・朝露・故郷


好きな歌が出てくると、テーブルのあちこちから
集まってきて、なにやら楽しそうに歌われます。
そして歌い終わるとまた別々のテーブルに戻っていきます。
なかなかステキです。
 
   



 
  8月18日(日) うたごえ喫茶の様子
   始まりのブザーのかわりに
いつもピアノとギターの演奏があります。
きょうは「青い空は」でした。
リクエストにもあったので青い空はから歌い始め
平和の歌を歌っていきました。


 1 部  司会  バクさん
青い空は・折り鶴・その夏を教えて・町
谷間の灯・インターナショナル・ワルシャワ労働歌
十八才・春の日の花と輝く・夜明けに
愛する人に歌わせないで
 
   2 部  司会 haru

芭蕉布・タンポポ・瀬戸の花嫁・風の盆
小さなグミの木・バラはあこがれ・夢淡き東京
世直し音頭・風・雨(雨がふります)・いとし子よ
夜明けの歌・月がとっても青いから・君の眸が

2部の始まりの演奏は「悲しくてやりきれない」でした。
亡くなられた沖縄県知事の翁長さんを悼み
芭蕉布のタンポポからうたっていきました。
 
    3 部  司会 バクさん

港が見える丘・悲しき口笛・川岸のベンチで
満州の丘に立ちて・波止場の夜・俺たちのシルクロード
まつり・全世界民主青年歌・牧師と奴隷
心つなごう・月夜・悲しき手風琴・灯


月夜というウクライナの歌がとてもきれいで
また来月も歌いたいと
最後のあいさつをしてくれたよし子さんが言っていました。

 



 
 7月15日(日) うたごえ喫茶の様子
   夏はやはり平和の歌から
忘れてはいけないことですし、二度と戦争の惨禍が
ないようにしていかなければいけない
そんな思いを強くします。
ロシアの歌のリクエストもたくさんありました。懐メロも。


 1 部  司会  バクさん
青い空は・夾竹桃のうた・いとし子よ・川岸のベンチで
淋しいアコーディオン・小さいぐみの木・さらば青春
真っ赤な太陽・君恋し・さよならはダンスの後に
青春サイクリング・手のうた


手のうたは手話を交えて歌いました。
 
   2 部  司会 haru

花火・あの町この町・コサックの子守歌
忘れかけた子守歌・明日への伝言・花には太陽を子どもらに平和を
アメイジンググレイス・スリコ・心騒ぐ青春の歌
嵐・誘惑の春・月の沙漠・蔵王の歌・銀座カンカン娘

忘れかけた子守歌は、戦争に息子をとられてしまった母の歌。
1部でうたった「いとし子よ」は戦争にとられないと
誓う母の歌です。

 
  月の沙漠の2番、金のくらには銀のかめの
ぎんというところは、ぎ〜んと伸ばさないで
ぎんの〜と歌うのだそうです。
童謡をならっている方におしえていtだきました。




 3 部  司会 バクさん

叱られて・ほたる・蛍・若者たち・もしも明日が
灰色の瞳・ほうせん花・キエフの鳥のうた
道・樫の木・チゾルム街道・牧師と奴隷・勝利をわれらに・故郷

 
     



 
  6月17日(日) うたごえ喫茶の様子
 梅雨らしい天気がつづいていますが
雨は降らずにすみました。
初参加の方も2名いらっしゃいましたが
どこかで会ったことがあるような…方たちです。


 1 部  司会  バクさん
乾杯の歌・トロイカ・果てもなき荒れ野原
あの子はだあれ・夕日・牧場の朝・雨降りお月
世界をつなげ花の輪に・インターナショナル・
町から村から工場から・リムジンガン・統一列車は走る
尾瀬ヶ原・月見草の花・虹
 2 部  司会 haru

埴生の宿・すずらん・山のロザリア・いってしまった小鳥
悲しき天使・津軽海峡冬景色・大空へとべ
学生時代・花が咲く日は・月桃・軟弱者・惜別の歌
手と手と手と

時期的なこともあるのか、同じリクエストが何枚か
という曲も何曲かありました。
月桃は3名から。これは今歌わなくちゃダメでしょう
というメッセージつきです。
 
 3 部  司会 バクさん

別れの一本杉・オホーツクの舟歌・樫の木
道・囚人の歌・キエフの鳥の歌・宇宙戦艦ヤマト
さくらんぼ・今今今・人間の歌・みんなの歌


恒例のお誕生会は2名の方
うち、一人はわれらが「ビビンバ」 杉うたの主催者です。
いつものプレゼントもじっくり選んでおりました。
   



 
  5月20日(日) うたごえ喫茶の様子
   よく晴れていましたが空気は涼しく
気持ちのよい日曜日でした。
いつも参加してくれている方たちが数名お休みでしたが
みなさんと楽しく歌っていきました。
ロシアの歌が好きだという方が多かったのか
リクエストの半分くらいロシアの歌でした。
おかげで普段あまり歌われないうたも歌うことができました。


 1 部  司会  バクさん

美しき五月のパリ・花の街・すずらん・モスクワ郊外の夕べ
追憶・待ちぼうけ・夏は来ぬ・五月のバラ
トロイカ(原曲)・鶴・エルベ河・ウチョース(巌)・若葉
 
   2 部  司会 haru

遠い世界に・生命をささえて・生命をうたおう
ウラルのぐみの木・道・キエフの鳥のうた
小さいぐみの木・野ばら・あざみの歌・夾竹桃のうた
月桃・アンジェラスの鐘・夏の思い出


新聞の投稿欄に母の日に寄せて
沖縄戦を生き抜いてきたおかあさんのことを書いたものがあって
「きょうは月桃を歌うぞ!」と思っていました。
歌ったあと「少しテンポが速いね」という声があり
みなさんが心をこめて歌っているのだなと感じました。
 
   3 部  司会 バクさん

君をのせて・さくら貝の唄・月見草の花・夢淡き東京
別れの一本杉・竹馬の友・樫の木・スリコ
インターナショナル・我が大地のうた
谷間に三つの鐘が鳴る・帰れソレントへ・故郷


竹馬の友の作者が戦争で殺された友だちを思って
作られたうただという話がありました。
樫の木もスリコも戦争で亡くなった人を偲んだ歌です。
 
     
  ↑5月生まれの誕生会↑ 



 
  4月15日(日) うたごえ喫茶の様子
   季節の先取りではないですけど
五月の節句の歌を最初にうたったら
今回は童謡のリクエストも増えてたくさん歌いました

あとはメーデーの歌も。
今月は5月か?と勘違いしてしまいそう。


 1 部  司会  バクさん

背くらべ・こいのぼり・鯉のぼり
涙くんさよなら・あの子はだあれ・
仲よし小道・笑って回って・みんなが笑う日まで
世界をつなげ花の輪に・なごり鮨
すばらしき明日のために
しあわせ運べるように・挨拶って素敵だな
若者たち
 
   2 部  司会 haru

おおスザンナ・私に人生と言えるものがあるなら
埴生の宿・波止場の夜・禁じられた遊び
その夏を教えて・ビリーブ・この街で
ヒューマンライツ・沖縄今こそ立ち上がろう
遠い世界に・花が咲く日は・忘れな草をあなたに


4月生まれの方の誕生会
司会のバクさんも4月生まれです。
あと、Eくんのおばあちゃんに当たるmisaeさんも4月生まれ
Eくんもうれしそうに見守ります。
   3 部  司会 バクさん

夏は来ぬ・蛍・この道・上高地の春・我々は勝利する
オールマイリバー・みんな一緒に・空より高く
道・満州の丘に立ちて・赤いランプの終列車・ 故郷


星と涼風の星さんがいらしていて
ときどきビビンバのピアノを心配そうにのぞき込み?
オールマイリバーと赤いランプの〜では
すけっとで伴奏をしてくださいました!
 
   



 
  3月18日(日) うたごえ喫茶の様子
   3月は別れの時でもあり…
最初の3曲は別れにちなんだ歌でした。
ロシアの歌のリクエストも多くてたくさん歌いましたし
労働歌などもたくさん歌いました。


 1 部  司会  バクさん

仰げば尊し・別れの一本杉・旅立ちの日に
靴が鳴る・囚人の歌・小さいぐみの木・船のり
ワルシャワ労働歌・もしあなたに出逢ってなかったら
あなたはどこで・みどりのそよ風・花(滝)
 
   2 部  司会 haru

虹・花祭り・白いブランコ・故郷を離るる歌
しあわせ運べるように・流亡の曲・春よ来い(松任谷)
さくら・その夏をおしえて・異国の丘・いぬふぐり
世界をつなげ花の輪に・チキチキバンバン
白い花の咲く頃・あざみの歌


東日本大震災から7年、福島原発事故で
帰れなくなった方たちに心寄せるリクエストがたくさん
ありました。平和への歌もたくさん歌いました。
 
   3 部  司会 バクさん

リムジンガン・満州の丘に立ちて・道・私の焚火
柿の木坂の家・故郷の廃家・島原の子守唄
荒城の月・そんな町を・ブッヘンワルドの警鐘
桑畑・一人の手・たんぽぽ・故郷


虹やそんな町をなど、手話をいれての歌もあり
童謡唱歌もあり
いつにも増して??盛りだくさんのうたごえでした。
 
   



 
  2月18日(日) うたごえ喫茶の様子
   約2名からのリクエストの数が半端なく…
すごい数のリクエストカードでした。
春らしい歌をうたっていきました。


 1 部  司会  バクさん

遠い世界に・寒い朝・白い色は恋人の色・おぼろ月夜
春に・トロイカ・トロイカ(原曲)・ヴォルガ下り
何という胸の痛みだろうか・タンポポ・美わし春の花よ・花の街
 
   2 部  司会 haru

虹・友よ(岡林)・千の風になって・どこかで春が
前線にも春が来た・小さいぐみの木・囚人の歌
青い空は・いとし子よ・花かげ・風花
春の唄・踊り子


昨年亡くなった小杉淳子さんの命日が2月
「千の風になって」のリクエストがあって歌いました。
淳子さんが結びつけてくれて、この会に参加してくださる方も
たくさんいらっしゃいます。
   3 部  司会 バクさん

旅の夜風・鈴掛の径・陽気に生きようこの人生をさ
青春・淋しいアコーディオン・キエフの鳥の歌
ウラルのぐみの木・小さな日記・砂山(中山)
ざわめけバイカル・青い山脈・春がきた


陽気に生きようこの人生をさと青春の踊りと歌を
つづけてやりました。息切れしながらも?
盛り上がりました。身体を動かすのも楽しいものです。
最後の春が来たは童謡です。
 
   



 
  1月21日(日) うたごえ喫茶の様子
  2018年、今年もたくさん歌っていきましょう!
今年もよろしくお願いします。
初参加の方が5人。そのうち4人が浅草から参加してくれました。
リクエストもいっぱいありました。


 1 部  司会  バクさん

この広い野原いっぱい・村祭り・寒い朝・富士山・踊り子
虹・天国までは何マイル・我が良き友よ・スリコ
シベリア大地の歌・キエフの鳥の歌・青い山脈
 
   2 部  司会 haru

花の街・花かげ・歌の町・私の子どもたちへ
忘れかけた子守唄・自由ベトナム行進曲・一本の鉛筆
青春の城下町・そんな町を・花は咲く・手のひらの歌
なごり雪・喜びも悲しみも幾年月
人間の歌・秋の子


1月のお誕生日の方は7人いらっしゃいました。
いつもよしこさんがプレゼントを作ってきてくれますが
そのよしこさんも1月生まれ。
他の方から切手とか水ようかんとかの差し入れ
プレゼントがありました。ありがとうございました。
   3 部  司会 バクさん

春に・カチューシャ・全世界民主青年歌・呼応計画の歌
私の焚火・島原の子守唄・惜別の歌・仲間のうた
サントワマミー・わが母のうた・青春・故郷


青春のリクエストはお二人からありました。
そのうちの一人がE君。しっかり前にでて
歌い踊りました。負けじとバクさんも
しっかり踊ってました!!