TOP 会場の様子 2017年の様子 昼八の様子(動画) 会場案内
 問い合わせ
2016年 2015年の様子 2014年様子 2013年様子 2012年様子 2011年様子
2019年
 
  第99回 昼のうたごえ八王子 9月19日(木)1:25〜4:00
   朝晩は少し秋らしくなってきたでしょうか?
会場内は暑くてクラクラするようでした。
きょうはこれを歌うぞ!と
メモを持ってきてくれる方もいて、いろいろな歌を
歌っていきました。

 @ 部  司会  haru
小さい秋みつけた・野菊・ゴンドラの唄小さなくつ屋さん・芭蕉布
花(すべての人の心に)・津軽のふるさと
いつも何度でも・希望・誰もいない海・君は生きているか・糸
 
   A 部   司会 おっくん
 四季の歌・夏の思い出・早春賦・喜びも悲しみも幾年月
ああ人生に涙あり・赤胴鈴之助・白い花の咲く頃
まりもの歌・風よあなたは・心つなごう
町・仲間のうた・いのちをうたおう


赤胴鈴之助は台詞付き。
喜びも悲しみも幾年月は会の発起人
前田さんも好きな歌です。
 
  B 部  司会  haru
線路はつづくよどこまでも・故郷の廃家
私の焚火・家路・菩提樹・恋心・よみがえれわが大地
地上の星・東京の人・さらば青春・しあわせ運べるように
チャンチキおけさ・旅人よ・・高原列車は行く


リクエストをいただいて「難しい歌」でどうしようかと
思うものもあります。「菩提樹」もその一つ
伴奏を聴きながらなんとか歌うことができました。
 
 



 
  第98回 昼のうたごえ八王子 8月8日(木)1:25〜4:00
   今月は開館の都合で第2木曜日の開催でした。
また、ものすごく暑い日で、外を歩くのも嫌なくらい。
でも思ったよりたくさんの方たちが来て
いつものように楽しく歌って行きました。

8月は平和のうたのリクエストが増えます。
思いを新たにしてうたっていきたいものです。

 @ 部  司会  haru
カチューシャ・りんごのひとりごと・浜辺の歌
戦争を知らない子どもたち・その夏を教えて
青い山脈・青い空は・もう二度と・ヒロシマのある国で
惜別の歌・いつも何度でも・涙の谷間に太陽を・君は生きているか
 
   A 部   司会 おっくん
 岩尾別旅情・宗谷岬・石狩川悲歌・岬めぐり
優しいあの子・夜明けの歌・リンゴ村から
モスクワ郊外の夕べ・道・月がとっても青いから
好きになった人・町・君をのせて


おっくん担当は懐メロとロシアの歌と…
というわけでもないのですが
なんとなくそういう歌が多いですネ
 
   B 部  司会  haru
にじ・アイスクリームのうた・少年時代・サントワマミー
花はどこへ行った・明日への伝言・悲しくてやりきれない
約束のうた・故郷・青春の城下町・また君に恋してる
糸・ぼくのひこうき・高原列車は行く


アイスクリームのうたも
夏の歌になるのでしょうか?
みんなのうたでやっていた、かわいらしい歌です。
 



 
  第97回 昼のうたごえ八王子 7月18日(木)1:25〜4:00
   7月ですが梅雨がつづき、ジメジメした天気です。
クーラーがあまり効かないので暑くて
伴奏者の前には扇風機が回っていました。

 @ 部  司会  haru
森のくまさん・夏の思い出・夏は来ぬ
遙かな友に・蛙の笛・釜石小学校校歌
たなばた・約束のうた・アンジェラスの鐘
リリーマルレーン・クラリネットをこわしちゃった
鉄腕アトム・その夏を教えて・旅人よ・糸
 
   A 部   司会 おっくん
 みかんの花咲く丘・牧場の朝・夾竹桃のうた
白い花の咲く頃・ヒロシマのある国で・北の旅人
石狩川悲歌・月見草の花・生きて生きて生きて
町・心つなごう・リムジンガン・村祭・まつり


会場が暗いので写真を撮ると真っ暗になります。
で、明るい色の服を着てねと頼んで
本日はオレンジ色のTシャツを着ておっくん登場。
いろいろ忙しかったので考える暇がなかったとのことで
なんとなく重なっていたリクエストカードの順番で歌っていったのだそう。
 
   B 部  司会  haru
ぼくのひこうき・春の日の花と輝く・希望のささやき
真珠・少年時代・どこまでも幸せ求めて・一本の鉛筆
千の風になって・涙の谷間に太陽を・さよならの夏
ふしぎなポケット・アイスクリームのうた
冬が来る前に・あこがれの郵便馬車・高原列車は行く


「真珠」は何枚かリクエストのカードがあって
しかも「やってね」と声かけまでされました。
何時頃の歌なのでしょう?学校で習ったそうです。
 
     



 
  第96回 昼のうたごえ八王子 6月13日(木)1:25〜4:00
   第2木曜日の開催でした。
いつもの第3木曜日と間違えている人がいないといいのですが…

なぜか?童謡のリクエストも多く、また
平和のうたのリクエストもたくさんありました。

 @ 部  司会  haru
翼をください・夏は来ぬ・バラが咲いた・サッちゃん・おうま
ともだち・青い空は・月桃・心つなごう・君は生きているか
白いブランコ・遠くへ行きたい・あじさいの花・たんぽぽ


月桃は解説をいれて歌いました。
 
   A 部   司会 おっくん
 夏の思い出・岩尾別旅情・石狩川悲歌・雨降りお月
アメイジンググレイス・お山の杉の子
君の祖国を・その夏を教えて・ほたる
どこまでも幸せ求めて・君をのせて
想い出のグリーングラス・くつがなる


久々のおっくんの司会でした。
時間の調整で2部の最後がくつがなる
それでピッタリ時間通りに終わってました。
 
   B 部  司会  haru
ぼくのひこうき・海その愛・坊がつる讃歌
夜のプラットホーム・花が咲く日は
ヒロシマのある国で・明日への伝言
浜千鳥・今今今・旅人よ・カチューシャ・高原列車は行く


3部は元気にぼくのひこうきから始めました。
すわったままの方も含めてほぼ全員が参加。
ありがたいです。たのしいです。
 
   



 
  第95回 昼のうたごえ八王子 5月16日(木)1:25〜4:00
   五月らしいか少し暑いくらいの陽気でした。
五月らしい?歌のリクエストが並びました。

手のうたは手話をつけてうたいました。
右の写真の方たちの体全体で表現している感じが
すてきです。

 @ 部  司会  haru
みどりのそよ風・さんぽ・青春サイクリング
風がはこぶもの・五月の歌(モーツアルト)
母さんの歌・私の母さん・竹馬の友
我が良き友よ・手のうた・たんぽぽ
星に祈りを・月桃・風
 
   A 部   司会 前田
 ヒロシマのある国で・バラライカ
石狩川悲歌・東京の灯よいつまでも・素敵なランデブー
広い河の岸辺・ウナセラディ東京
花をおくろう・松電バスの歌
世界は二人のために・学生街の喫茶店

 
   B 部  司会  haru
翼をください・ケセラセラ・戦争はしらない
アンジェラスの鐘・悲しくてやりきれない
君は生きているか・花嫁・サボテンの花
あじさいの花・街・美しきわが故郷
シュワジベチカ・ピクニック・高原列車は行く


フォーク(と言われる分野の曲が多かったような。
フォーク好きのギター伴奏者中谷さんは
ホクホク顔だったと思います。
 



 
  第94回 昼のうたごえ八王子 4月18日(木)1:25〜4:00
   このホームページを見てくださっている方が
増えてきて、うれしい限りです。
 やりがいがあるというもの。

 @ 部  司会  haru
シュワジベチカ(娘さん)・翼をください・学生時代
港、虹(童謡)・しあわせの歌・出発の歌
四季の歌・花が咲く日は・世界にひとつだけの花
遙かな友に・約束のうた・希望のささやき
   A 部   司会 前田
 希望・踊子・長崎の鐘・ハナミズキ
岩尾別旅情・石狩川悲歌・南国土佐を後にして
丘は花ざかり・祖国の山河に・釜石小学校校歌
どこまでも幸せもとめて・宇宙戦艦ヤマト


2部は久々の前田さんの司会で進めました。
どこまでも幸せ求めては龍子さんが好きな歌。
 
   B 部  司会  haru
陽気に生きようこの人生をさ・南の島のハメハメハ大王
空よ・花は咲く・ここは故郷・明日は咲こう花咲こう
あそび虫のうた・お座敷小唄・足音たかく・アニーローリー
カチューシャ・たんぽぽ・、高原列車は行く

 



 
 第93回 昼のうたごえ八王子 3月21日(木)1:25〜4:00
   お彼岸でお墓参りという方もいて
「きょうは少ないかも」と思っていましたが
たくさんの方が来ていっしょに歌うことができました。
初参加の方はお友だちに紹介されたとのこと。
知らない歌も多かったかもしれませんが
一緒にうたってくれていました。

 @ 部  司会  haru
若者たち、春に、白い花の咲く頃、春が呼んでいるよ、
春一番、街、町、水色のワルツ、この街で
河は呼んでいる、しゃれこうべと大砲、翼を下さい、
いぬふぐり、春よ来い(松任谷)、君は生きているか、
 
   A 部   司会 おっくん
 早春賦、宗谷岬、シーハイル、風雪流れ旅、学園広場、
惜別の歌、ぼくのひこうき、カチューシャ、道
風花、心つなごう、母なる故郷、月桃


ぼくのひこうきは立って踊っている方もたくさんいました。
今回はいっしょに踊ってって言わなかったのですが
座ったままでも身体を動かしている方も
たくさんいました。

 
   B 部  司会  haru
四季の歌、雪の降る街を、心はいつも夜明けだ、星に祈りを、
月夜、あの青い空のように、青い山脈
いつかある日、母さんの歌、あわて床屋、めだかの学校、
月光仮面の歌、カウボーイの夢
五番街のマリーへ、一人の手、高原列車は行く


童謡も歌っているとホッとします。
子どもの頃に気持ちが戻るのでしょうか?
 
     



 
 第92回 昼のうたごえ八王子 2月21日(木)1:25〜4:00
   いつもアコーディオン伴奏をしてくれているjinnnoさんが
お休みで、かわりにkawakamiさんが伴奏を手伝ってくれました。
初めて伴奏する曲も多かったようで
「こんなに初見で弾いたのは初めて」と言ってました。

 @ 部  司会  haru
花、野に咲く花のように、春の日の花と輝く、春が来た、たんぽぽ、
手と手と手と、母さんの歌、花が咲く日は、あなたの心に、いつでも君は、
浜千鳥、さよならの夏、あざみの歌
 
   うれしいひなまつりのリクエストがあり歌いましたが
なぜか前に出て歌っていたのはみんな男性でした。
春が来ているようなぽかぽか陽気。もうすぐ3月。


A 部   司会 おっくん
 春よこい、どこかで春が、シーハイルの歌、うれしいひなまつり、
穂高よさらば、私の愛した街、あかつきの空に、かたくりの花・君のこと、
寒い朝、高校三年生、宗谷岬、学生時代、はるかな友に
 
   B 部  司会  haru
アニーローリー、早春賦、いつかある日、山小舎の灯、芭蕉布、
四季の歌、嵐、風よあなたは、花嫁人形、約束のうた、君は生きているか
岬めぐり、陽気に生きようこの人生をさ、高原列車は行く


「この歌が大好きなの」と言って「花嫁人形をリクエストされた方。
いつも君は生きているかをリクエストしてくれる方は
お休みでしたが、ちゃんと別の方がリクエストをくれて
みなさんで歌いました。
 
   



 
  第91回 昼のうたごえ八王子 1月17日(木)1:25〜4:00
   公報に載ったそうで、16名ほどの初参加の方が
いっしょに歌っていかれました。
帰り際に「楽しかった!」と言って
知らない歌もたくさんあったので、きょうはユーチューブで
探してみよう!と言われる方もいました。
そうそう、天国までは何マイル、これ
コマーシャルソングにいいんじゃない?と
言って行かれた方もいましたネ。

 @ 部  司会  haru
みかんの花咲く頃、トロイカ、春の日の花と輝く、かわいいあの娘、
どこまでもしあわせ求めて、りんごのひとりごと、あなたの心に、
君の祖国を、涙の谷間に太陽を、
明日への伝言、一人の手、津軽のふるさと、いつかある日、
山小舎の灯、天国までは何マイル
 
   人数が多くて混んでいたせいではないと思いますが
前に出てうたわれる方も多かったように思いました。


A 部   司会 おっくん
 冬の星座、どこかで春が、箱根の山、女ひとり、街、町、希望、
俺らの空は鉄板だ、大阪ラプソディ、妹、峠道、まつり
 
    B 部  司会  haru
ぼくのひこうき、およげたいやきくん、
しあわせの歌(南に住む人は)、川の流れのように、
君は生きているか、街の灯り、オホーツクの舟歌、北風の中に、
青い山脈、二十歳、春よこい、心の窓に灯を
早春賦、、高原列車は行く


今年もよろしくお願いいたします。
 



想い出の歌・懐かしい歌
                         楽しく歌ってみませんか?