TOP 会場の様子 2017年の様子 昼八の様子(動画) 会場案内
 問い合わせ
2016年 2015年の様子 2014年様子 2013年様子 2012年様子 2011年様子
2019年
 
 第93回 昼のうたごえ八王子 3月21日(木)1:25〜4:00
   お彼岸でお墓参りという方もいて
「きょうは少ないかも」と思っていましたが
たくさんの方が来ていっしょに歌うことができました。
初参加の方はお友だちに紹介されたとのこと。
知らない歌も多かったかもしれませんが
一緒にうたってくれていました。

 @ 部  司会  haru
若者たち、春に、白い花の咲く頃、春が呼んでいるよ、
春一番、街、町、水色のワルツ、この街で
河は呼んでいる、しゃれこうべと大砲、翼を下さい、
いぬふぐり、春よ来い(松任谷)、君は生きているか、
 
   A 部   司会 おっくん
 早春賦、宗谷岬、シーハイル、風雪流れ旅、学園広場、
惜別の歌、ぼくのひこうき、カチューシャ、道
風花、心つなごう、母なる故郷、月桃


ぼくのひこうきは立って踊っている方もたくさんいました。
今回はいっしょに踊ってって言わなかったのですが
座ったままでも身体を動かしている方も
たくさんいました。

 
   B 部  司会  haru
四季の歌、雪の降る街を、心はいつも夜明けだ、星に祈りを、
月夜、あの青い空のように、青い山脈
いつかある日、母さんの歌、あわて床屋、めだかの学校、
月光仮面の歌、カウボーイの夢
五番街のマリーへ、一人の手、高原列車は行く


童謡も歌っているとホッとします。
子どもの頃に気持ちが戻るのでしょうか?
 
     



 
 第92回 昼のうたごえ八王子 2月21日(木)1:25〜4:00
   いつもアコーディオン伴奏をしてくれているjinnnoさんが
お休みで、かわりにkawakamiさんが伴奏を手伝ってくれました。
初めて伴奏する曲も多かったようで
「こんなに初見で弾いたのは初めて」と言ってました。

 @ 部  司会  haru
花、野に咲く花のように、春の日の花と輝く、春が来た、たんぽぽ、
手と手と手と、母さんの歌、花が咲く日は、あなたの心に、いつでも君は、
浜千鳥、さよならの夏、あざみの歌
 
   うれしいひなまつりのリクエストがあり歌いましたが
なぜか前に出て歌っていたのはみんな男性でした。
春が来ているようなぽかぽか陽気。もうすぐ3月。


A 部   司会 おっくん
 春よこい、どこかで春が、シーハイルの歌、うれしいひなまつり、
穂高よさらば、私の愛した街、あかつきの空に、かたくりの花・君のこと、
寒い朝、高校三年生、宗谷岬、学生時代、はるかな友に
 
   B 部  司会  haru
アニーローリー、早春賦、いつかある日、山小舎の灯、芭蕉布、
四季の歌、嵐、風よあなたは、花嫁人形、約束のうた、君は生きているか
岬めぐり、陽気に生きようこの人生をさ、高原列車は行く


「この歌が大好きなの」と言って「花嫁人形をリクエストされた方。
いつも君は生きているかをリクエストしてくれる方は
お休みでしたが、ちゃんと別の方がリクエストをくれて
みなさんで歌いました。
 
   



 
  第91回 昼のうたごえ八王子 1月17日(木)1:25〜4:00
   公報に載ったそうで、16名ほどの初参加の方が
いっしょに歌っていかれました。
帰り際に「楽しかった!」と言って
知らない歌もたくさんあったので、きょうはユーチューブで
探してみよう!と言われる方もいました。
そうそう、天国までは何マイル、これ
コマーシャルソングにいいんじゃない?と
言って行かれた方もいましたネ。

 @ 部  司会  haru
みかんの花咲く頃、トロイカ、春の日の花と輝く、かわいいあの娘、
どこまでもしあわせ求めて、りんごのひとりごと、あなたの心に、
君の祖国を、涙の谷間に太陽を、
明日への伝言、一人の手、津軽のふるさと、いつかある日、
山小舎の灯、天国までは何マイル
 
   人数が多くて混んでいたせいではないと思いますが
前に出てうたわれる方も多かったように思いました。


A 部   司会 おっくん
 冬の星座、どこかで春が、箱根の山、女ひとり、街、町、希望、
俺らの空は鉄板だ、大阪ラプソディ、妹、峠道、まつり
 
    B 部  司会  haru
ぼくのひこうき、およげたいやきくん、
しあわせの歌(南に住む人は)、川の流れのように、
君は生きているか、街の灯り、オホーツクの舟歌、北風の中に、
青い山脈、二十歳、春よこい、心の窓に灯を
早春賦、、高原列車は行く


今年もよろしくお願いいたします。
 



想い出の歌・懐かしい歌
                         楽しく歌ってみませんか?